心象風景 映画 音楽

「アナと雪の女王」オラフの名言

2018/12/26

12月24日のクリスマスイブは、我が家の次女が出演する「アナと雪の女王」のミュージカルを観に行きました。

次女は大学生で勉強もアルバイトも忙しく、演劇を本格的にやっている訳ではありませんが、中学・高校と熱心に合唱に取り組んできたため、歌や踊りが好きなようです。

都内の演劇集団が演じる今回のミュージカルではアナ役に抜擢されました。

「アナ役ってことは主役? じゃ、観に行かなくちゃ!」ってことで妻と、たまたま前日の夜タイから帰国した長女も一緒にスーツケースをゴロゴロころがしながら会場に向かいました。

開演すると、自分の娘がどうなのか、とは関係なくグイグイ物語に引き込まれます。

やっぱりシナリオも歌もいいですね。

特にオラフのキャラとセリフが素晴らしくて感動しました。

アナがエルサの魔法で凍りつきそうになり、ハンスに裏切られたことを知って絶望している時に、オラフが言った言葉。

「愛っていうのは自分より相手のことを大切に思うことだよ。アナ、それは心の奥で分かるはずさ。」

そして、自分が溶けそうになってもアナに寄り添うオラフの姿に号泣してしまいました。

今でも思い出すと涙が滲んできます。
「真実の愛」をテーマにした歌や演劇、ミュージカルは、本当に人の心を動かす力があると実感します。



-心象風景, 映画, 音楽