コーチング デザイン

チラシデザイン:思春期の子供

2017/12/04

チラシデザインコーチングの師匠であるニッシー(西崎功ADPAマスターコーチ)が、「思春期のお子様を持つ親のための個人コーチング」を始めるということで、チラシの制作を担当した。

文字だけの原稿をもらって、それをデザインしていく作業は純粋に楽しい。
沢山の素材の中から写真を選んだり、日本語の表現を変えたりする作業が直感的で、まるで初めから決まっていたかのようにサクサク進む。

ところで、私の身の回りにも子供に対する悩みを抱えた親たちが沢山いて、チラシのフレーズのような嘆きはよく耳にする。

我が家にも思春期の子供たちがいるので、気持ちは良く分かるが、実は全く心配していない。
「うちの子供たちはこんな感じで、親子仲良くやってますよ」と言う話をすると、珍しがられる。

決まって「秘訣は何ですか?」と聞かれるが、答えるのが面倒くさいので「夫婦仲が良いことです」と言うようにしている。
きちんと説明するには2時間以上かかると思うが、結局結論はそういうことで間違いないと思う。

デザインの話ではなくなってしまった('_')



-コーチング, デザイン
-,