ライフスタイル 心象風景

毎年恒例の行事:7月24日

2017/07/25

うらぼん施餓鬼会

銀座4丁目毎年7月24日には「うらぼん施餓鬼会」という法要が行われる。
私のご先祖様が眠るお寺では、年間で最も大きなイベントである。

先祖代々のお墓があるので、家長としては守っていかねばならないし、最低限の行事には参加している。

法要の前に一時間程の法話があり、これにも毎年お付き合いで参加しているが、率直なところ「このお話しで救われる人ってどれほどいるのかな?」とか、そもそも「これで世の中が平和になると本気で思っているのだろうか」と疑問を感じる。

熱心な信者の方には申し訳ないが、戦国時代のように侍が刀で人を殺める時代ならまだしも、現代の諸問題にはこれらの宗教はあまりにも無力である。

仏の道を目指して僧侶になる方は、それはそれで立派な志だと思う。
しかし私は、「施餓鬼」という言葉を使う時点で違和感を覚えるし、人の救いに対する限界を感じざるを得ない。

銀座ソニービル

シンセドラム宗教の話しはこれ位にして、お寺が東京銀座に近いせいもあり、いつも銀座ソニービルに必ず寄って、沖縄の「美ら海」から来る魚たちを鑑賞するのがお決まりのコースだ。

しかし今年は、銀座ソニービルのリニューアル工事の影響か、いつもの場所では開催されず、しかも7/31からであった。

がっかりする息子と一緒に、山野楽器に行ってギターを眺めつつ、シンセドラムを叩いて遊んだ。
叩いてみると、これが楽しくてしょうがない。本気で1台欲しいな~、と考えてしまった。

ソニーアクアリウム2017:http://www.sonybuilding.jp/aqua/



-ライフスタイル, 心象風景
-